2013年09月14日

哀れなる保証人様(レ・ミゼラブル)

ドウモこんにちは!カポネです!

今回は、他人の保証人になってしまった人の事を書きます。

数年前の事です。

西区にある物件に申込みが入りました。

申込書には、もちろん個人情報が記載してあります。

なんかオカシナ申込内容でした・・・

同居人は、苗字の違う子供

保証人は、元奥さん

普通は、こんなオカシイ申込みは審査をする前にお断りをしますが、どうしても空室の目立つ物件だったので

保証会社に審査を依頼して・・・どうせ断られるだろうと思っていましたら!?

保証会社より連絡があり・・・保証人を追加して下さい!って(保証人を二人付けろって事です)

え!?(お断りじゃないの?)と思いながら・・・

仲介業者に保証人追加の依頼をしました。

そしたら数日後、お友達の方をもう一人追加で申込み用紙がFAXで流れてきました。

早速、審査を再度、保証会社に依頼をして・・・_・・・

なんと審査が通ってしまいました

あぁ残念と思っておりましたら

この変な入居者が入居前に、なんか内装の事でガタガタ言ってきました

ので早速、現地に駆け付けて入居者と話に行きました、イキマシタ、いきました

入居者とファーストコンタクトをとりましたが・・・

僕もビックリしましたicon10

ナント左手の小指が30%カットをされてましたface07

やっぱり変な奴でした。僕の勘は良くあたります。

案の定、〇暴の関係者です・・・

内装の件は、たいした内容では無かったのですぐに終わりましたが、いかにもめんどくさそうな人だったので不安ガ残りました。

無事にに入居を済ましてしばらくは、何もありませんでした。

しかし、警察から電話がありその入居者の契約書類を見せてほしい!の事です。

どうやら危険な薬物を使用しておられた様子です。で案の定、入居者と連絡が取れなくなってしました。
(つまり、捕まりました)

何年か刑務所に入っていました。

その間、家賃は入ってきてます。物凄く不思議に思っていました。

何年か後入居者が刑務所から出所をしてきまして・・・・

3ヶ月後位にまた警察から連絡があり・・・(忙しい人です)

また、塀の中に旅立っていかれました(汗)

それから1か月後に今度は、保証人から連絡があり

保証人を外れたいと言ってきました。

聞けばこの保証人さん、前回入居者が刑務所に入っていた数年間の間、家賃を払っていたそうで

まぁ保証人なので当然ですが、もう今回は、払えないとの事です。

聞けば、この保証人さん・・

入居者(〇暴)とは、深いつながりではなくただの知り合いノヨウデス。

しかも以前、入居者(〇暴)の家に水道管工事に行っただけの付き合いとか・・・

保証人を頼む方も厚かましいしですが、保証人になるほうもなるほうです。

保証人は、いかにも気の弱そうなオジサンです。(脅されたのか?)

で、なぜ家賃を払い続けてるか?というと・・・

奥さんに内緒で保証人になってるんですって(超汗)

保証人になってるのがバレると離婚問題になるとか。

聞けば他ににもこの入居者から色々と被害を受けているみたいで・・・

奥さんは精神的にかなりマイッてるとの事。

一体どんな事をされたのか気になるところですが・・・それは聞けませんでした(残念!そこが面白そうなのに)

なので滞納をすると保証会社から督促の郵便が届くので、保証人になってる事がばれてしまう

イコール滞納できない!と言う構図ミタイデス。

なんというか哀れな人です。

たぶん、これから先この人は一生食い物にされて利用されつづけるんでしょうね。

以前、警察からの聞いた言葉を思い出しました。

暴力団ハ利用シナイ・ワナイ・レナイ・ヲダサナイ

正に、この通りだと思いました。

一旦、入り込まれるとトコトン踏み込んでこられてすべてを奪っていくのが暴力団のやりかたみたいです。

皆さん、他人の保証人になるときは、くれぐれもお気をつけ下さい。
  

Posted by カポネ at 15:47Comments(18)TrackBack(0)

2013年08月24日

新手のインターネット導入勧誘?

どうも...お久しぶりです。
カポネです。
なかなかヘビィなハプニングが続き
精神的に病んでおりしばらく休養をしておりました。
また、ちょくちょく日々の仕事ネタを書こうと思ってます。

2~3年前に流行ったインターネットの配線をマンション全体に導入をするといったサービスがありました。
導入すると一棟あたり約10万円前後の手数料が斡旋業者に入るようになっています。

比較的簡単な営業ということもあり毎日、いろんな怪しい業者から電話の営業がありましたicon10
もちろん一瞬でことわりますが、最近は新手の勧誘方がでてきましたicon11

ある日、突然会社にインターネットの業者が僕を訪ねてきました。
胡散臭い業者「〇〇コーポのご担当者様いらっしゃいますか?」
カポォネ「僕ですけど」
胡散臭い業者「〇〇コーポの入居者様からインターネッツの申し仕込みを頂きましたので、導入にあたって物件を調査させて下さい」
カポォネ「いいですよ!何号室の入居者様ですか?」
胡散臭い業者「・・・」
カポォネ「ん?なんで答えんとデスカ?」
胡散臭い業者「いや、僕たちは、エヌ・チィ・ーチィーから依頼を受けてますので何号室からの申し込みかはわかりません・・・」

キタキタキタァ~~icon12と思って・・・(超意地悪魂が僕に出てきました。)

カポォネ「ソレッテおかしくない?」もはやためです
胡散臭い業者「・・・」
カポォネ「あんた、何?嘘つき?」
胡散臭い業者「いや違います。」
カポォネ「ならエヌ・チィー・チィーに確認バしてからモウイチド出直してキンシャイ!!」
胡散臭い業者「はい!出直してきます」
カポォネ「あんた名刺バ置いていきない!」
胡散臭い業者「は・・・はい」
と言って名刺を置いて一目散に逃げて行きました・・・
もちろんそれからその胡散臭い業者からは一切連絡がありません。

何事も疑いの眼差しでミてしまう荒んだ僕は、少々のウソには騙されませんよ!  

Posted by カポネ at 14:02Comments(10)TrackBack(0)

2012年10月18日

御香のはずが!?

どうも!コンニチハ、カポネです。

去年の年末位の話です。
ある知人の紹介で、賃貸を探して欲しいという依頼が来ました。
なにやら、ワンルームマンションを借りたいとの事です。
で、その借りたところで『御香』を売りたいとの事でした。
なぜ、御香?と思いながらface04
そもそもワンルームで物販なんで絶対に認めてくれないので、自社が管理している所を紹介して
ちょうどいいところがあったので契約をしました。
なんか楽な仕事で儲かった~と思ってた矢先!

そのアパートの入居者のウルサイおばちゃんから電話がありました!
おばちゃん『カポネさん!ちょっとアンタicon08どんな人バ入居させたとね!』
カポネ『はぁ?御香を売るって聞いてますけど』
おばちゃん『いいけんとにかく見に来て!変な看板バ出しとるけん!』
カポネ『はい』

すぐさま現地に行き
看板を確認しました。
まぁびっくりです。

エントランスに看板がありました。その看板には、こう記載されておりました。

◆彼氏とのS〇Xをもっと楽しみたい方
◆お酒が飲めないけど盛り上がりたい方
◆ストレスを発散させたい方

んん~つまり脱法ハーブを販売しておられたようです。

うわ~やられた~と思ってその日は、冷静になる為に事務所に帰って上司と相談をしてたら
ニュースで脱法ハーブ販売店の逮捕者が出てました!しかも福岡で!!
どんな風にして追い出そうかなって考えていたら
脱法ハーブ屋から連絡があり『今月いっぱいで退去したい』との内容でした。
普通は、早期解約はダメ!っていいますが、さすがにこの時は『してやったり!』
と思いました。
きっちりと早期解約の違約金も取ってやりましたicon06

気になる退去理由は、当社にご迷惑をかけない為とか・・・意味不明な事を言ってました。  

Posted by カポネ at 14:22Comments(23)TrackBack(0)脱法ハーブ

2012年10月09日

黒い内装業者

こんにちは!カポネです。


僕の様に不動産管理の仕事をしていると色々な業者さんが言いよってきます。
その中には、かなり汚い業者さんがいます。
今回は、そんなグレーなやり取りをつづります。

ある日、とある家主様のご用達の業者さんの事務所にて打ち合わせに行きました。
(物件の家主さんの中には内装業者さんを自分の知っている業者さんで指定をしてくる方がいます)

打ち合わせも終わりかけの頃、黒い業者さんが切り出してきました。
内装業者『カポネさんなんか仕事廻して下さいよ~』
カポネ『えぇ!わかりました。何かあればお願いしますね。』まぁ何処にでもある社交辞令で返事をします。
とその時、内装業者さんの顔がとても悪い顔になりました。
内装業者『カポネさん価格で行くからさ~
カポネ『え?それって高くなるって事ですか?』
内装業者『よくわかってるね~
カポネ『・・・・・・・・』
恐らく、内装費用に金額を上乗せしてマージンを払うという内容だろうicon10
つまり僕は、この内装業者に金で転ぶ奴だと甘く見られたみたいです!
もちろん断わらずに、社交辞令で笑顔で何かあったら頼みます!って言って帰ってきました。

で!みんなにあの内装業者にこんな話を持ちかけられたって言いふらかしてやりました!(もちろん紹介者の家主様にも)
そしたらその業者仕事が無くなりましたicon09

僕は、お金は持ってませんがそんな黒い話が大嫌いです!
グレーに見られがちな不動産屋だからこそクリーンでいたいですねicon12  

Posted by カポネ at 23:47Comments(9)TrackBack(0)贈収賄

2012年09月25日

迷惑駐車  カポネVS〇暴 編

どうもコンニチハ先日、スーパーで買い物をして、好みの女の子の所でレジ待ちをしていましたが

隣のレジがあいたので、レジのおばちゃんに『こちらのレジどうぞ~』と言われ2回聞こえないフリをして

結局、おばちゃんのレジに行ってしまったface07悲しき男カポネです。

今回は、長文ですので気長に読んで下さい

迷惑駐車問題についてです。

また、会社に恐怖の電話が鳴りました。(僕は軽く電話恐怖症です。)

内容は駐車場の契約者からの電話でした。

契約者『〇田駐車場を借りている者ですけど、自分の駐車スペースに知らない車が止まってて困ってるんですけど』

そんなの自分で対処しろよ~とか思いながら。

カポネ『わかりました。すぐ行きますので、少しお待ち下さい。』

契約者『お願いします。また外出しますので現場にはいませんけど、対応お願いします。』

カポネ『じゃあ対応しておきますね。』

迷惑駐車は、路上駐車とは違い警察も対応してくれません。
まぁ車の持ち主に連絡とってくれる位です。

で後輩を連れて現場に行きました。

現場に到着しを発見!

フルスモークのいかにも解りやすい車がありました。

良く見るとその解りやすい車に人が約2名が乗っているのを確認しました。

服装は真っ黒のスーツです。

髪型は、角刈りです。(いまどき中々見ない消しゴム見たいなヘヤスタイルでした)

駄目押しは曇っているのにサングラスをしてましたicon02

もう、絵に描いたような暴力団です。

人の駐車場にかってに車をとめる人なんてまともな神経の人では、無いですよねicon10

なので、必ず二人一組で行動をします。

車の中で後輩と話します!

カポネ『奴ら間違いなく〇暴よ!』

後輩 『えぇ~マジッすか!?』かなりビビッてましたねicon10

カポネ『あんな奴らには、ビシッ!とヤカマシ言うてやらないかん!』

後輩 『あんな奴らに言えるんですか??』

カポネ『まぁ見ておけ!君は危ないから車の中で待機をしておきたまえ!』

後輩 『はい!わかりました!』かなりの尊敬の眼差しでしたicon12

カポネ 『だだし、俺は少し言い過ぎるところがあるからもし喧嘩とか言合いになったらすかさず警察を呼んでね!』車内に緊張がはしります。

後輩  『えぇ!そんなに言うんですか?』

カポネ 『当たり前やろ!あんな奴らには遠慮したらイカンよicon08行って来るからよく見ておけよ』





で、車を出てその〇暴の車を見ます!
そしたら〇暴もコッチを見返してきました。

〇暴『なんばみようとや~

僕からすると勝手に車をとめておいてその言い草なないだろう!と思いましたので
ビシッ!と言ってやりました!

カポネ 『あの~ここは契約者が居ますので至急、車のご移動をお願いしたいんですけど・・・
    ヤバイ!少し言い過ぎたicon10
    もう少し、柔らかく言えば良かったicon10殺される!
    そんな事を一瞬、頭をよぎってかなりビビッていたとき。

〇暴 『えっ!申し訳ございませんすぐに移動します!』かなりの低姿勢。これは予想外!

カポネ 『よろしくお願いします!』

という感じで車は、駐車場から去っていきました!あぁ~怖かったface07

車に戻り

後輩 『カポネさんあれは少し言いすぎですよface04
    すでに爆笑をしてました。

カポネ『いや~少し言い過ぎたね。俺も臨戦態勢やったもんicon06喧嘩になるかと思ったよicon10

という感じで事なきを得ました。

※後日、何かの本で読みましたが。〇暴は面子を大事にする人種なので、初めから喧嘩腰でいったり馬鹿にしたような態度をとると本性を現してくるそうです。
なので僕の様に低姿勢でいくのは大正解だったようです。

ただ後輩はこの事件以降、僕のことを口だけだと思っているようです。
  

Posted by カポネ at 23:01Comments(29)TrackBack(0)

2012年09月18日

死亡事件完結

どうも、こんにちは!

30歳を過ぎて左目だけパッチリ二重マブタになってしまい不覚にも『プチ整形』疑惑をもたれているカポネーゼです。

前回の続きです。

事情聴取も終わり、会社に戻り上司に一応、事件の全貌を報告をしたら

あまりの僕のへこみ具合に上司が何か食事に行こうか!と言ってくれました。

上司『何がいい? 焼き肉行こうか?』

カポネ『icon08肉なんて食えません!』

上司『おぉ・・・ゴメン!じゃあ寿司行こうか!』

カポネ『寿司なら大丈夫です。』

で高級寿司に連れて行ってもらいましたがどうしても死臭が鼻から離れませんicon10

そんな僕に、トドメヲ刺す食材が!?

それは、ミョウガですicon11

口にした瞬間、再び死臭が!?

思わず、吐いてしまいましたicon10

なんか、悲惨な一日でしたが、最後はゲロで締めくくってしまいました。

後日、亡くなった方は身寄りが無かったので当社にて葬儀を出しましたface01

安らかにお眠りください!
もし今度、生まれ変わっても自殺なんて切ない死に方をしないで下さいね!

家族大切にしていればそんなさみしい死に方なんてしなくて済みますのでicon06たぶん!


そして、不可解な続きがありますicon10

僕は、基本的には、運命とか幽霊とかポルターガイストなんて事は信じませんが、不思議な出来事がありましたicon10

今回、自殺があったのはエレベーター無し403号室です。もちろんタイトな階段を上がって部屋に行きます。

そして、亡くなった方も義足の方でした。



で、、次にその403号室に入居をした方も義足の方でしたicon10

なんか偶然というより、必然って感じでした。

でも数ヵ月後、その義足の人は、入居態度が悪かったので叩き出してやりましたicon08
(実際には、叩いてませんよicon06)

退去して頂いた後は、いまだに空室です。

以上、ながくなりましたが僕が体験した死亡事件の全貌でした。  

Posted by カポネ at 21:22Comments(10)TrackBack(0)死亡事件

2012年09月11日

事情聴取その②交番にて

どうも!こんにちは。
先日、通行中に女性に声をかけられ≪これが、逆ナンか!?≫
と思っていたらface02
なんと!何かのセールスだった悲しき男、カポネーゼです。

さて、前回の続きです。

僕は、警官にけしかけられて死体をみて見ましたが手の変色ぶりをみて完璧にビビってしまいました。

で、僕が死体を見ることが出来ないと判断をした警官たちは、その場で現場検証を始めました。≪コイツハ使エンナと思ったんでしょうねicon06

なにやら服を脱がせてるみたいです。

激臭の中、僕はかなりまいってます。 トニカク臭カッタ

しばらくして、現場検証も終わり、別部隊の到着です。それは葬儀屋さんですicon10

棺桶を持って来て、腐った死体を運んで行きましたicon16

この人たちはかなりの手ダレでした。表情一つ変えずに運んで行きました。

で、警察が交番で後は話を聞くから交番に来てと言われ交番に移動をしますicon08

交番に到着してやっとトテツモナイ匂いから少し開放をされました。

でも鼻にはまだまだ匂いが残っています。夕飯どきでしたが、食欲なんて一切ありません。

再度、事情聴取が始まり現場で十回くらい聞かれたことをまた聞かれます。

いい加減、頭に来て僕も少し口調が荒くなりエキサイトをしだしたその時、警察から衝撃の会話が飛び込んできました。

警官A『なんか、腹減ったね~ 飯でも食おうか!何にする?

警官B『ん~俺、焼き肉弁当!』
カポネ『え!?』

警官C『おれ、唐揚げ弁当!』

カポネ『え!?』
警官A『じゃあ俺は、すき焼き弁当!』
カポネ『え!?』
警官A『カポネ君は?』

カポネ『あんた達、肉やら食えると?』 
とても臭かったので肉なんて食べれる状態ではなかったです。
とにかくあの匂いを嗅いで肉を食べる事が信じられませんでした。

カポネ『肉なんて食えるわけなかろうもん!あんた達おかしくない?』

警官B『いや~俺達はなれるとよ~』

カポネ『・・・慣れるってね・・・』
警官C『よくあるからね!』

警官A『死体は襲って来んから怖くないよ!』

あたかも日常のような会話をしてました。

こんな感じで、事情聴取は終わりました。

まだまだ、づづきがありますが次回に致します。



  

Posted by カポネ at 23:18Comments(8)TrackBack(0)死亡事件

2012年09月01日

事情聴取

どうも、こんにちは!

先日、大勢の前で苦手なカラオケを足を震わせながら歌いみんなの失笑を買ってしまい

なおかつ、高得点93点をだしてしまってどうせなら50点代をだしてみんなに大笑いをしてほしかったカポネーゼです!

さて、前回のつづきです。

何気なく来た督促がなんと!?死亡事件にまでなってしまいました。

現場は、トテツモナイ悪臭で包まれてますので少し離れたところに行きます。

そして一応、事務所に電話をかけます。

カポネ『〇崎さん亡くなってました。』

事務所員さん『やっぱり!』

カポネ『え?ヤッパリッテ??』

事務所員さん『うん!たぶん死んでるとおもっとった!』

おいおい、それならもうちょっと何かあったろ!と思う!

なんか、大人の駆け引きに負けた気がしました。

そんな電話のやり取りが終わり警察が待ってましたと言わんばかりに僕に詰め寄ってきます。

警察『カポネさんちょっといいですか?』

カポネ『いいっすよ!』

なんて気軽にこたえましたが

警察『今日は、なんで〇崎さんの所に来たんですか?それと、住所は・生年月日は・勤務先は・免許証みせて!』

カポネ『あぁ~今日は、〇崎さんが家賃を滞納しとったので督促にきました。住所は〇〇で生年月日等もまじめに答えて』

警察『家賃滞納でなんで部屋を開けたんですか?』
なんかおかしな聴き方になってきました!

カポネ『???ん???何!その聴き方』

警察『何って?』

カポネ『なんか!オマエ!俺バ犯人扱いしよるんか?

警察『いや!そんなわけではありませんけど
カポネ『けど?ってなんや!』とこんな感じでやり取りがつづき結局素直にこたえながら違う警官に全く同じことを4回くらい
聞かれました。

警官『ところで〇崎さんの顔知ってる?』

カポネ『しらん

警官『知らんわけないでしょう!』
どうやら警官は現場検証を進める為に本人確認をさせたいみたいです!
そこで、警官がいいます!

警官『死体を確認して下さい!』

カポネ『ムリ!会ったこと無いっていいよろうが!』

警官『協力して下さいよ!そうじゃなかったら〇崎さんの顔写真とかありませんか?』

なので会社に電話をして、警察に死体を確認せれって警察に言われてます!と相談をしたら

『絶対にミルナ!!』といわれましたicon10

しかし、死体を見たいと思う気持ちと・見たくない気持ちのかっとうが!?

警察も死体を確認しろicon08

とウルサイので、意を決してicon09

見ることにしました。

そろ~っと部屋を覗きましたが、死体の全体を見ることはできませんでしたが、

少しだけ見ました。手を

そしたら、手が紫色に変色をしていました。

                                            つづく  

Posted by カポネ at 23:20Comments(121)TrackBack(0)死亡事件

2012年08月25日

いざ!警官とこじ開け

どうも、こんにちは!

先日、事務所にて『やる気』を振り絞ったらウンコまで振り絞ってしまい

不覚にも事務所にて脱糞をしてしったカポネーゼですface07

さて前回の続きです。

僕も、事実をある程度受け入れ覚悟が出来て警察に『こじ開けをお願いします!』って言おうとしたその瞬間!

一つ上の先輩が僕に言いました。『カポネ君!ゴメン俺、用事があるからここで帰るねicon06

カポネ『?』どうやら先輩は怖気づいたみたいですface07

そして先輩は、サバンナに産まれたての子ヤギを放置してにげていきましたicon08

それは文句を言う暇もないくらいの一瞬の出来事で先輩は、さっそうと帰っていきましたface03


さて、

警官が言います!『もう開けるよicon09

と言いバールで目張りをしてあった扉をこじ開けました!

あけた瞬間、猛烈な今まで嗅いだ事のないとてつもなく臭い悪臭がしてきました!

これには僕が先日、漏らしたウンコも到底かないませんicon11








警官『90・発見!!』と言い住人の方は亡くなっていました。

死後、3カ月位経っていましたので腐乱をしていた見たです。(僕はまだ死体をみていません。)

気になる死因は!?どうやら自殺の様です。

そこで僕はふと気付きました玄関の靴箱の所に練炭の箱があった事にicon10

どうやら、一時期流行った練炭自殺でした!!

そして警察の動きも慌ただしくなってきました!

すぐに現場検証が始まり、警察の応援部隊もやってきました。

110番で来た警官はロートルのお巡りさんでたよりなかったので警察署から応援が来たときは
たものしかったです。しか~し!!

次回、捜査の手が僕にも及びます!

                            続く!  

Posted by カポネ at 23:31Comments(14)TrackBack(0)死亡事件

2012年08月23日

いざ!部屋を解錠!

どうも~こんにちは

下痢が酷かったので、薬を飲んで便秘気味のカポネーゼです。

さて、前回の続きですここからがヘヴィーです




滞納者の家に踏み込みます

部屋の鍵を開錠するときは、二人一組で行きます。

今回も例外なくひとつ上の先輩と行動を共にします。(主導権は、僕にあります)


カポネ『こんにちは!〇崎さーんアンチャチャブル不動産ですけど』

『・・・・・・・・・応答なし』

これを、一応5回位しました。

どうしても、応答がありませんので

いざ突入です。

カポネ『〇崎さんはいりますよ!シツレーシマス』  ※間取りは1DKです。

カチャ!! っと入室

カポネ『〇崎さーん』

おや~誰もいません

これは夜逃げか~?と思い案外楽勝かなと思いきや

奥の和室が閉まってます? オヤ~?

ひとつ上の先輩が指を指します『こっちやない?』

カポネ『そうですね』

そこで、和室の引き戸を開けてみました

おや?オヤオヤオヤ??

扉が開きません? なんで?

まぁ取りあえず事務所に連絡を入れます。

カポネ『部屋には入りましたけど和室の扉が開きませんのでコジ開けてもいいですか?』

事務所『開かん?なんで?』

カポネ『なんか開かんように加工してある感じです』

事務所『う~ん絶対コジ開けたらダメ

カポネ『どうしたいいですか?』

事務所『事務所から警察を呼ぶので待機しとって!』


現場にて

なんかじっと待っていたらなんかイヤ~なニオイがしてきました。とにかく臭いです。

そうしてたら!?

ひとつ上の先輩が『カチッ!!』っとタバコに火をつけました。

なんのニオイかもわからんノニ、タバコニヲツケヤガッタ!

完璧な愚行です。もしガスなら吹っ飛んで死んでました

僕は先輩に言いました!『お前、バカやろ!ガスやったら死んどるぞ!お前、火を消せ!バカ

先輩『ごめん』

そんなやり取りがあり僕もかなりエキサイトをしてら警察が到着です

警察が現場に到着をするなり言います

90・ (903か905どっちか忘れました。申し訳ありません)

警察も無線で90・ 90・って何回も言ってます

でカポネは、警察に聞きます?『90・って何?』

警察『ん?知りたい?』

カポネ『いいけん教えろや』

警察『人が死んどるってことよ』

カポネ『!?』  『うそつけバカ』

警察『うそつくかバカ』信じられなくてこんなやり取りが続きましたが僕も事実を受けいけいれまして

事務所に報告を入れました『〇崎さんシンデルミタイデス

                        つづく
そして次回は運命のこじ開けです。  

Posted by カポネ at 23:11Comments(7)TrackBack(0)家賃督促

2012年08月23日

家賃督促に行ったら

どうもこんにちは、カポネーゼです。

まだまだ暑いので熱中症に十分に気をつけてくださいねface01

まぁ僕は、気を付けすぎたせいかicon10

水分を取りすぎて、クダしてます。ピーピーっす

そんなことは、どうでもいいですねicon11

また、事務所から電話が携帯に鳴りました!

事務所『〇村ビルの入居者が家賃を3ヶ月位滞納しとるから部屋の様子をみてきて!』

と何気ない普通の電話でしたがface03

悪夢の始まりでしたicon08

カポネ『了解しました!』っと気持ちよく返事をしました。

そして、現地に行き滞納者の部屋に行きました。

インターホンを鳴らしましたが、インターンフォンがなりませんicon09

おやっ?と思い、ふと電気メーターを確認シタトコロicon10



電気メーターがございません。なので、とりあえず事務所に戻り上司に報告を入れました。

通常、滞納の場合は保証人に連絡を入れますが、今回の滞納者は保証人がいませんでしたのでface07

部屋に踏み込むこととしました。
                    つづく  

Posted by カポネ at 23:11Comments(7)TrackBack(0)家賃督促

2012年08月23日

変態の嫁来社

どうも!こんにちはface01カポネーゼですicon06

まだまだ暑いですねicon01

さて、前回の続きですが、

そう変体の親族が会社にきました。

イラッシャイマセーっ感じで僕は首を長くして待ってましたよ!

確か、捕まえた変体は23歳の奴でした。

しかし!会社に来た変体の嫁と名乗る女性はどう見ても40前後!
もう僕はピンときましたicon06

この変体は完璧な欲求不満で、覗きに走ったのは完璧に嫁さんのせいだなとicon12

警察に聞けばこの糞夫婦、もともと同じ会社の嫁が上司で旦那が部下だったそうで

嫁が無理やり、交際を始めそして嫁が無理やり結婚をさせられたかわいそうな草食系男子だそうです。

警察もこの件については同情しておりました。

そして、幸か不幸か子供は乳児icon10

で子供も会社につれてきてました。

まぁ僕にとってはそんなことはどうでもいいことでしたがface04

とにかくこの嫁、僕は気に入りませんでした。

何故かと言うと、謝罪に来たのは事件が起きてから一週間後でしたicon10

普通、誤りに来るならその日次の日やろicon08

と思いますけどねicon06

カポネーゼ『なんで今日来たんですか?』

嫁さん『いや~弁護士さんとか色々相談してましたicon11
(泣きながら)

どんなに泣いていても鬼のカポネーゼに全く通用イタシマセンicon06
むしろ泣いてたら頭にきます。だって普通誠意があるならばせいぜい2日後までに誤りに来ないとねicon08

どうせうそ泣きやろって、アイスマンカポネーゼは思います。

で、嫁さんが『示談交渉は、どしたらいいですか?』って聞いてきました 

が!!
カポネーゼは頭に来てます。なので!!

カポネーゼ『示談はしませんので

嫁さん『えっ!』まさかマサカの展開のようです。

また嫁さんぎゃん泣きicon11icon03

そして速やかにお引取りを頂いてface03

旦那様には刑務所に直行をして頂きましたとさ!めでたく実刑前科一犯の出来上がりですface02

でカポネーゼにはもう一つの思惑がありました。

それは警察からの感謝状です

後日、警察に感謝状をヨコセ!と直談判をしましたがicon06

警察に『そんなの頼んできたのはあんたが始めてよ』って言われ

そして『変体捕まえた位で感謝状はやれんよicon07』って

あえなく撃沈しました。

なんとも儲からん事件でした!

示談にして金貰っとけばよかったicon15  

Posted by カポネ at 23:10Comments(5)TrackBack(0)変態

2012年08月23日

変態確保!

こんにちは、カポネです。

柔道袈裟固めで押さえ込みましたがicon09
※柔道は体育のみですが、僕は無敗の王者でした
経験者とも五分で戦った過去があります。

相手も逃げようと必死ですicon08

完璧な押さえ込み!と思ったらicon10

変体も火事場の糞力で応戦をしてきました。

綺麗に腹筋を使って起き上がってきましたicon11

そしてすかさず裸締めに移行しましたが、それもフリほどかれました。

そしたら、騒ぎを聞きつけた近くにある学校の先生たちが駆けつけてきてくれてicon06

なんとか取り押さえる事ができました。

変質者は、かなりのガリガリでしたが取り押さえるのは一苦労でした。

僕一人ではトテモ・トテモicon10

まあそれは、いいとして警察の登場ですface05

すかさず現場検証が始まり事情聴取の始まりです。

そして、僕にも質問攻めです。

僕は、とてもエキサイトしていましたので、警察もかなりめんどくさかったと思います。

ある程度、事情聴取が終わってそれから中央署に連行されていきました(僕も)

この日は、一日つぶれましたね☆

そして、変体の親族がきました

なんと新婚さんで子供も生まれたばかりだそうです。

そうです!僕はその家庭をぶち壊したんです!!

                              続く
Posted by カポネ at 23:09Comments(7)TrackBack(0)変態

2012年08月23日

白昼堂々の


こんにちは カポネです。

以前、赤坂にある管理物件に鍵交換に行った時の出来事です。

車を、100円パークに止めて、管理物件に歩いて行くと管理物件の屋上に人影icon10

明らかに不審者でしたが、そこは慎重な俺face02

一応、事務所に、確認をした。『赤〇ハイツに今日、何か屋上工事は入ってますか?』

事務員さん『そんな連絡はありませんけど、どうかした?』

カポネ『屋上に、変な奴がいますので確認をしてまた連絡をします。face09

で、建物の最上階に行き屋上へのタラップに上ろうとしたその時icon12

マスクをした奴がタラップから降りてきたicon09

カポネ『こんにちは!なにしてるんですか?』もう臨戦態勢でしたicon09

不審者『うっ!いやチョット入居者にセキュリティの件で頼まれましてicon15

カポネ『あぁ!?そんなわけなかろうもん』かなり大きな声で

不審者『ここ、建物の中なので外で話しませんか?』

カポネ『ああいいよ!』

で外に出て話をすることにしました。

外にて
カポネ『で?ここでなんばしようとや?言ってみろ!』もう完璧に鼻息荒かったです

不審者『僕は某警備会社に勤めていて、入居者の方に警備が心配と相談を受けまして』

カポネ『嘘つけ!』

とこんなやりとりをしてましたら!

いきなり不審者が土下座をしまして『すいません』って言ってきました。

そうです、この不審者は白昼堂々の覗き魔だったんです!

マスクをして屋上に上がる奴なんてそうそういません!

鬼のカポネは、『オマエ、逃げられんぞicon08』といい取り押さえました。

とりあえず、柔道の袈裟固めの体制に持って行きましたがその不審者が暴れ出しましてicon10

続く


  

Posted by カポネ at 23:09Comments(9)TrackBack(0)変態

2012年08月23日

保証人への連絡

どうも、こんばんわface01
前回の続きを赤裸々に綴ります。

入居者が捕まると、部屋を明け渡してもらうため保証人と連絡をとります。(入居者とは連絡が取れないため)
この保証人への連絡がなかなか辛いものがありましてicon10
通常は、親が保証人になっているケースがほとんどなんですが、今回ももれなく保証人は親でしたicon10
なかなか親御さんに『貴方の息子さん覚せい剤取締法で捕まりましたよicon06』なんていくら、わたくしカポネでも言いにくい物であるicon07
こういう場合には毎回、自分は『無感情の機械だface07
と思って電話をかけるicon15

意を決してicon09電話をかけるface09

カポネ『〇松コーポの管理をしていますアンタッチャブル不動産のカポネと申します。〇岡さんの件でご主人様は御在宅でしょうか?』
〇岡保証人『えぇ~私ですが?何かありましたか?』 警察からはまだ連絡が無いようですicon15
カポネ『〇岡さんの件でご相談がありますので明日ご自宅までお伺いしたいのですが』
〇岡保証人『明日ですか?』
カポネ『えぇ!とても重要なことですので。』
〇岡保証人『わかりました。明日お待ちしております。』

そして、後日
カポネ『こんにちは、〇岡さんの件でお伺いしました』
〇岡保証人『どういったご用件ですか?』かなり気になっている様子face07
カポネ『実は先日、警察から電話がありまして〇岡さんのご自宅に強制捜査が行われまして』
〇岡保証人『icon10icon10icon15icon15
カポネ『覚せい剤取り締まり法で逮捕されました。つきましては、荷物の撤去・部屋の明け渡しをお願いいたしますicon09
〇岡保証人はとりあえず放心状態。しかし無感情の機械人間には全く関係が無い
むしろ、相手が放心状態の時こそチャンスだ!と思い一気にたたみかける。
退去・荷物撤去の念書を差し出す。

カポネ『こちらの書類にサインをお願いします。』とわたす。
〇岡保証人『は・はい』とサインを書かせ最後に警察の連絡先を渡してミッション終了
普通は、親に連絡が会ってる場合が多いですが今回は、僕が一番のババを引いたようです。
どんな不良息子でも親は辛いみたいです。

でも、覚せい剤の犯罪はなくなりませんね。
以前、警察に『覚せい剤はなくならんと?』って聞きましたが、
警察に『覚せい剤は蔓延しているから無理!』と言われました。
かなり身近な犯罪になっていますので皆さんも気を付けてくださいねicon10


  

Posted by カポネ at 23:08Comments(5)TrackBack(0)犯罪

2012年08月23日

ダメ。ゼッタイ。一部の人には貴重なポールラック



前回の続きです。

事務所から緊急招集がかかりました。
事務員さん『カポネ君!早く事務所に帰ってきてicon16
事情は、帰ってきてから説明をするからicon10
カポネ『ワカリマシタicon11
ダイタイ、事務所から緊急招集がかかる時は、ろくな事がないのである。

いち早く事務所に戻って、事務員さんに事情を聞くとなにやら先日、覚せい剤取締法で逮捕された〇松コーポの〇岡さんの友人(893風の男)からの電話だったらしいicon10

電話の内容は、こうです。
893風(声の感じが)『〇松コーポの〇岡さんと連絡が取れなくて困ってるんですけど!』
半ば連絡取れないのは、当社の責任と言いたげな厚かましい口ぶりだったようです。
事務員さん『こちらに言われましてもicon10
893風『じゃあ連絡が取れんなら部屋の中を見せてよicon09
事務員さん『それもむりです。』(やわらかく)
893風『俺が、〇岡に貸とったポールラックが押入れの中にあるはずやけんソレがいるとよface09
事務員さん『どうしても、部屋を空けることはできませんface10
893風『じゃあ、事務所に行くけんまっとって!』
といわれて、電話を切られたそうです。
で、893風の奴が来た時のために僕を招集したみたいです。

どうやら、ポールラックに『魅惑の粉』を隠していたみたいですね。

話を聞いた僕は『わかりました!来たら僕が対応をしますicon09
かなりカッコよくそして強くいいましたが、内心はドキドキでした。
僕はカウンターを陣取って待ち構えていましたが、結局、男は事務所に来ることはありませんでした。
ちょうど13時位から終業時間で、ドキドキしながら待ってました。
もちろん警察にもこんな電話があった事を伝えております。
来なくて本当によかったです。
もしかして、イモヅル式につかまったのかもしれませんねicon06
なんにしても人騒がせな人種ですねicon11

ふ~icon15
入居者が捕まると、不動産屋は後、一つ『大仕事』があります。
それは、保証人への連絡及び荷物撤去の依頼です。
その内容は次回にしておきます。  

Posted by カポネ at 23:07Comments(8)TrackBack(0)犯罪

2012年08月23日

ダメ。ゼッタイ。



先日、警察から一本の電話がありました。
警察『〇崎県警ですが、お宅で管理をされている〇松コーポの101号の〇岡さんについてですが、』
カポネ『えぇ確かにその方は、入居者でいらっしゃいますが、何かありましたか?』
警察『捜査令状が出ていますから、部屋に立りますので現地まで鍵を持ってきてください。』
私は普通の警察の捜査協力依頼は意地悪をして断わりますが、捜査令状はさすがに断われず二つ返事で現地まで鍵を持っていく。
通常、捜査令状が出て部屋に踏み込む時は、入居者の身柄を押さえる為に朝の6時~7時位に行われます。
当然、超早起きです。(人の捕まる瞬間なんて中々見れないので内心はface02です。)
で当日、朝、警察との待ち合わせ場所に行きましたが時すでに遅しicon11
もうすでに入居者は、捕まっていましたicon11
一応、形式上、捜査令状を見せてはもらいましたがicon10
容疑は、覚せい剤取り締まり法違反でした。
少しというかとっても残念な私ですが(捕まる所を見たかった!)、県外からくる警察は必ず捜査協力をすると『菓子おり』をくれます。
今回も、例外もなくお菓子を頂いたので少しはicon06でした。
ちなみに、事務所に帰ってお菓子をあけましたが、好きなお菓子ではありませんでしたicon08
むしろ嫌いなやつでしたicon09
家宅捜索も終わり2・3日後に再度、一本の電話がicon07
事務員さんが電話をとりましたが、どうやら声の感じが『893風』の独特の感じの声だったようです。
私は、電話の時は外出をしていました。が!?事務所に緊急招集がかかりましたicon16

づづく

  

Posted by カポネ at 23:06Comments(10)TrackBack(0)犯罪